HOME»情報セキュリティスペシャリスト 平成28年春期

情報セキュリティスペシャリスト 平成28年春期試験問題

【試験データ】
開催日平成28年4月17日
応募者数26,864人
受験者数18,143人
合格者数2,988人
合格率16.5%
過去問PDF 午前T問題  午前T解答
 午前U問題  午前U解答
 午後T問題  午後T解答
 午後U問題  午後U解答
配布元URLIPA 28年春期試験

平成28年春期 午前T▼午前U

No論点分類解説
問126進数で表したものはどれか離散数学
問2ハフマン符号化情報に関する理論
問3同期制御アルゴリズム
問4SIMDの説明として適切なものプロセッサ
問5ライブマイグレーションの概念システムの構成
問6仮想記憶方式に関する記述オペレーティングシステム
問7DRAMの説明として適切なものはどれかメモリ
問8ユーザビリティの評価ヒューマンインタフェース技術
問9参照制約データベース設計
問10リストア後にログを用いて行う操作トランザクション処理
問11レイヤ2スイッチデータ通信と制御
問12共通鍵暗号方式はどれか情報セキュリティ
問13WAFの説明として適切なものセキュリティ実装技術
問14ブラウザに送信する直前に行う対策セキュリティ実装技術
問15IaaSでは実施できるものはどれか情報セキュリティ管理
問16保守性に影響するものはどれかソフトウェア方式設計・詳細設計
問17モジュール結合度ソフトウェア方式設計・詳細設計
問18工数の見積りに関する記述コストマネジメント
問19サービスレベル管理の説明はどれかサービスマネジメントプロセス
問20構成管理の導入メリットサービスマネジメントプロセス
問21クラウドサービス導入に対する監査システム監査
問22予備調査で実施する監査手続システム監査
問23事前評価について説明したもの情報システム戦略
問24SOAを説明したものはどれかソリューションビジネス
問25UMLの図法はどれか業務プロセス
問26チャレンジャ戦略経営戦略手法
問274Pと4Cの対応関係マーケティング
問28製品開発のスピードアップ手法エンジニアリングシステム
問29目指すべき社会の実現に向けた指標経営・組織論
問30個人情報の条件はどれかセキュリティ関連法規

平成28年春期 午前U▲午前T

No論点分類解説
問1CRLに掲載されるものはどれか情報セキュリティ
問2DoS攻撃の標的はどれか情報セキュリティ
問3OCSPを利用する目的はどれか情報セキュリティ
問4認証,属性及び認可のフレームワーク情報セキュリティ
問5衝突発見困難性に関する記述情報セキュリティ
問6エクスプロイトコード情報セキュリティ
問7Smurf攻撃はどれか情報セキュリティ
問8ディジタル証明書に関する記述情報セキュリティ
問9説明の処理で出力可能なもの情報セキュリティ
問10J-CSIPの説明はどれか情報セキュリティ管理
問11JIS Q 27000による用語の定義情報セキュリティ管理
問12DNSキャッシュポイズニング対策情報セキュリティ対策
問13OP25Bの説明はどれかセキュリティ実装技術
問14ディジタルフォレンジックス情報セキュリティ対策
問15セキュリティルールの設定情報セキュリティ対策
問16EAPセキュリティ実装技術
問17電子メールの暗号化プロトコルセキュリティ実装技術
問18SSIDの説明として適切なものネットワーク方式
問19DHCPでやり取りされるメッセージ通信プロトコル
問20TCPのサブミッションポートの説明通信プロトコル
問21SQLインジェクションの入力パラメタデータ操作
問22フェールセーフの設計システム方式設計
問23ペアプログラミングの説明はどれか開発プロセス・手法
問24JIS Q 20000-1が要求している事項サービスマネジメントプロセス
問25コントロールを整備・運用する目的内部統制

平成28年春期 午後T

Noテーマ解説
問1 Webシステムの開発
問2 DMZ上の機器の情報セキュリティ対策
問3 スマートフォンアプリケーションの試験

平成28年春期 午後U

Noテーマ解説
問1 CSIRT構築とセキュリティ設計
問2 テレワークのセキュリティ
© 2014-2018 情報処理安全確保支援士ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop