HOME»情報セキュリティスペシャリスト 平成25年春期

情報セキュリティスペシャリスト 平成25年春期試験問題

【試験データ】
開催日平成25年4月21日
応募者数28,930人
受験者数19,013人
合格者数2,490人
合格率13.1%
過去問PDF 午前T問題  午前T解答
 午前U問題  午前U解答
 午後T問題  午後T解答
 午後U問題  午後U解答
配布元URLIPA 25年春期試験

平成25年春期 午前T▼午前U

No論点分類解説
問1ハミング符号通信に関する理論
問2階乗を求める再帰関数アルゴリズム
問3同期制御プログラム言語
問4ライトバック方式を使用する目的メモリ
問5密結合マルチプロセッサの性能システムの構成
問6システムの信頼性向上技術システムの構成
問7値呼出しと参照呼出しプログラム言語
問8パッシブ方式RFタグの説明ハードウェア
問9アナログ音声の標本化処理マルチメディア技術
問10ストアドプロシージャの利点システムの構成
問11データベース設計案データベース設計
問12HTTPS通信セキュリティ実装技術
問13公開鍵暗号方式で必要な鍵の数情報セキュリティ
問14標的型攻撃メールの特徴情報セキュリティ
問15パケットフィルタリングセキュリティ実装技術
問16UML クラス図ソフトウェア要件定義
問17使用性を評価する指標ソフトウェア方式設計・詳細設計
問18パレート図品質マネジメント
問19どのリスク対応戦略に該当するかリスクマネジメント
問20SLAを説明したものはどれかサービスマネジメント
問21情報セキュリティと守秘責任システム監査
問22不正使用を発見するコントロール内部統制
問23業務プロセスの改善活動ビジネス戦略と目標・評価
問24スマートグリッドの説明はどれかビジネスシステム
問25アクティビティ図要件定義
問26プロダクトポートフォリオマネジメント経営戦略手法
問27MRPの特徴はどれかエンジニアリングシステム
問28計画生産量を求める式OR・IE
問29ゲーム理論OR・IE
問30請負契約の指揮命令権と雇用契約労働関連・取引関連法規

平成25年春期 午前U▲午前T

No論点分類解説
問1APTの説明はどれか情報セキュリティ
問2DNSSECの機能はどれかセキュリティ実装技術
問3OCSPを利用する目的はどれか情報セキュリティ
問4WAFの設置場所として適切な箇所情報セキュリティ対策
問5サイドチャネル攻撃の説明はどれか情報セキュリティ
問6SMTP-AUTHにおける認証の動作セキュリティ実装技術
問7IEEE802.1XとRADIUSでの認証セキュリティ実装技術
問8CSIRTの説明として適切なもの情報セキュリティ管理
問9管理作業を実施可かどうかの組合せ情報セキュリティ管理
問10脆弱性の深刻さを評価するものセキュリティ技術評価
問11CRYPTRECの活動内容はどれか情報セキュリティ管理
問12DNSキャッシュポイズニング情報セキュリティ
問13ビヘイビア法を説明したもの情報セキュリティ対策
問14Smurf攻撃の特徴はどれか情報セキュリティ
問15ダウンローダ型ウイルス対策情報セキュリティ対策
問16DKIMの説明はどれかセキュリティ実装技術
問17無線LANのアクセス制御方式データ通信と制御
問18IPv6グローバルユニキャストアドレス通信プロトコル
問19TCPのフロー制御に関する記述通信プロトコル
問20MTAが付加するヘッダフィールドネットワーク応用
問21ビューを利用する目的はどれかデータ操作
問22DFD作成の手順ソフトウェア要件定義
問23SOAでサービスを設計する際の注意点開発プロセス・手法
問24フェールソフトの例はどれかシステム方式設計
問25システム移行に関するシステム監査システム監査

平成25年春期 午後T

Noテーマ解説
問1 マルウェア解析
問2 IPアドレス詐称対策
問3 リモートアクセス環境の情報セキュリティ対策
問4 情報漏えい対策

平成25年春期 午後U

Noテーマ解説
問1 業務パッケージの開発
問2 技術情報の管理
© 2014-2018 情報処理安全確保支援士ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop