HOME»情報セキュリティスペシャリスト 平成23年特別

情報セキュリティスペシャリスト 平成23年特別試験問題

【試験データ】
開催日平成23年6月26日
応募者数30,704人
受験者数19,445人
合格者数2,712人
合格率13.9%
過去問PDF 午前T問題  午前T解答
 午前U問題  午前U解答
 午後T問題  午後T解答
 午後U問題  午後U解答
 得点分布
配布元URLIPA 23年特別試験

平成23年特別 午前T▼午前U

No論点分類解説
問1相関係数に関する記述応用数学
問2BNF情報に関する理論
問3衝突が起こるキーの組合せはどれかアルゴリズム
問4ライトバック方式メモリ
問5稼働率システムの評価指標
問6タスクスケジューリング方式オペレーティングシステム
問7クロスコンパイラ開発ツール
問8NAND回路ハードウェア
問9アクセシビリティヒューマンインタフェース技術
問10マルチメディア用のXMLフォーマットマルチメディア技術
問11関係データベース演算データ操作
問12SSLの通信手順セキュリティ実装技術
問13ソーシャルエンジニアリング情報セキュリティ
問14ゼロデイ攻撃情報セキュリティ
問15UML クラス図ソフトウェア要件定義
問16スタブ・ドライバの機能ソフトウェア結合・適格性テスト
問17共通フレーム2007開発プロセス・手法
問18スケジュール管理タイムマネジメント
問19パレート図品質マネジメント
問20SLAに記載する内容サービスマネジメント
問21データ管理者の役割サービスの運用
問22システム監査を実施する目的システム監査
問23情報システム化委員会情報システム戦略
問24全体最適化計画情報システム戦略
問25非機能要件に該当するものはどれか要件定義
問26コアコンピタンス経営戦略手法
問27技術のSカーブ技術開発戦略の立案
問28セル生産方式エンジニアリングシステム
問29キャッシュフロー計算書会計・財務
問30請負契約労働関連・取引関連法規

平成23年特別 午前U▲午前T

No論点分類解説
問1AESの暗号化方式情報セキュリティ
問2EAP-TLSによって実現される認証セキュリティ実装技術
問3TPMがもつ機能はどれか情報セキュリティ対策
問4暗号アルゴリズムの危殆化情報セキュリティ
問5SMTP-AUTHにおける認証の動作セキュリティ実装技術
問6CRLの運用を説明したものはどれか情報セキュリティ
問7ディジタル証明書を使用して行えること情報セキュリティ
問8攻撃手法とその対策の組合せ情報セキュリティ
問9ビヘイビア法を説明したもの情報セキュリティ対策
問10ウイルス調査手法に関する記述情報セキュリティ対策
問11通信の暗号化に関する記述セキュリティ実装技術
問12第三者中継と判断できるログはどれか情報セキュリティ対策
問13ソフトウェア管理ガイドライン情報セキュリティ管理
問14要件定義の段階で実施することシステム要件定義
問15耐タンパ性を高める対策はどれか情報セキュリティ対策
問16二つのセグメント間の伝送制御データ通信と制御
問17本店内線の呼量は何アーランかネットワーク方式
問18IPsecセキュリティ実装技術
問19TCPのフロー制御に関する記述通信プロトコル
問20ASN.1ネットワーク管理
問21SQL文を説明したものデータ操作
問22フールプルーフシステム方式設計
問23共通フレーム2007開発プロセス・手法
問24ITILの管理プロセスの組合せサービスマネジメントプロセス
問25正確性・網羅性を確保するコントロール内部統制

平成23年特別 午後T

Noテーマ解説
問1 セキュアプログラミング
問2 ソフトウェア資産管理
問3 情報漏えい対策
問4 Webサイトのセキュリティ対策

平成23年特別 午後U

Noテーマ解説
問1 メールシステムの情報セキュリティ対策
問2 インターネットを利用したシステムの情報セキュリティ監査対応
© 2014-2018 情報処理安全確保支援士ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop