情報セキュリティスペシャリスト平成23年特別 午前U 問23

午前U 問23

共通フレーム2007で取り決められているものはどれか。
  • 作成する文書の種類及び書式
  • 信頼性,保守性などソフトウェアの品質尺度
  • 適用すべき開発モデル,技法及びツール
  • プロセスごとの作業者の主体者(役割)と責任の所在

分類

テクノロジ系 » ソフトウェア開発管理技術 » 開発プロセス・手法

正解

解説

共通フレームは、ソフトウェア、システム、サービスに関係する人々が"同じ言葉を話す"ことができるよう共通の枠組みを提供し、ソフトウェアの構想から開発、運用、保守、廃棄にいたるまでのライフサイクルを通じて必要な作業内容を包括的に規定したものです。
  • 共通フレームではドキュメントの種類、書式など、ドキュメントの詳細を規定していません。
  • 共通フレームは、ソフトウェアの尺度については規定していません。
  • 共通フレームは、特定の開発モデル、技法、ツールに依存していません。
  • 正しい。共通フレームでは、取得プロセスは「取得者」、企画プロセスは「企画者」というように、プロセスごとに作業の主体者(役割)を定義し、責任の所在を明らかにしています。
© 2014-2019 情報処理安全確保支援士ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop