HOME»情報セキュリティスペシャリストの難易度

情報処理安全確保支援士の難易度についてまとめました。

情報処理安全確保支援士の難易度

合格率が13〜15%程度なので合格する割合は7人中1人という計算になります。3〜4回の受験を経てようやく合格する人も珍しくありません。受験者のほとんどが応用情報技術者試験合格レベルの知識・技能を有していることを考えると、かなり難しいと言えると思います。

また民間資格を含め、国内で実施されるセキュリティ関連試験の中では最難関となっています。

高度区分の中では最も合格しやすい

ここまでの文章と相反するようですが、情報処理安全確保支援士(情報セキュリティスペシャリスト)は、情報処理技術者試験の9つある高度区分の中で最も易しいと言われています。
レベル4に位置する試験の中で唯一年2回開催されていることが一番の理由ですが、午後試験が「国語問題」と言われているように、その問に対する技術的な知識がなくても読解力次第では正しい解答ができることがあるという理由もあります。

難易度が高いといっても、午後Uが論述形式ではなく記述式なので市販のテキストを活用することで独学でも合格可能なレベルだと思います。

情報処理安全確保支援士試験は、

  • 合格率が13〜15%前後
  • 合格者は7人中1人の割合
  • セキュリティ関連で最難関
© 2014-2018 情報処理安全確保支援士ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop