情報セキュリティスペシャリスト平成23年特別 午前U 問17

午前U 問17

ある企業の本店で内線通話を調査したところ,通話数が1時間当たり120回,平均通話時間が90秒であった。本店内線の呼量は何アーランか。

分類

テクノロジ系 » ネットワーク » ネットワーク方式

正解

解説

アーランは、単位時間当たりのトラフィック量を表す単位で、単位時間(例えば1時間)に1本の回線を100%利用したときのトラフィック量を1アーランとします。

設問の条件では1時間に発生した総通話時間は、

 90秒×120回=10800秒

です。単位時間となる1時間は3600秒なので、

 10800÷3600=3

呼量は3アーランになります。

※通信呼量の単位アーラン(Erlang)の名称は電話トラフィック理論の創立者であり、アーランのB公式, アーランのC公式を示したA.K.Erlang氏の名にちなんだものです。
© 2014-2019 情報処理安全確保支援士ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop