情報処理安全確保支援士 平成30年秋期 午前U 問10

午前U 問10

JIS X 9401:2016(情報技術−クラウドコンピューティング−概要及び用語)の定義によるクラウドサービス区分の一つであり,クラウドサービスカスタマの責任者が表中の項番1と2の責務を負い,クラウドサービスプロバイダが項番3〜5の責務を負うものはどれか。
10.gif/image-size:487×192

分類

テクノロジ系 » セキュリティ » 情報セキュリティ対策

正解

解説

JIS X 9401:2016では、クラウドコンピューティングのサービスモデル「SaaS」「PaaS」「IaaS」について次のように区分しています。
SaaS(Software as a Service)
サービス利用者が、クラウドサービス提供者のアプリケーションを利用することができる形態
PaaS(Platform as a Service)
サービス利用者が、クラウドサービス提供者によってサポートされる一つ以上のプログラミング言語と一つ以上の実行環境とを使って利用者が作った又は利用者が入手したアプリケーションを配置し、管理し、及び実行することができる形態
IaaS(Infrastructure as a Service)
サービス利用者が、クラウドサービス提供者の演算リソース、ストレージリソース又はネットワーキングリソースを供給及び利用することができる形態
3つのサービスモデルの特徴をまとめると以下のようになります。
10_1.gif/image-size:511×190
10_2.gif/image-size:363×335
項番3のDBMSはミドルウェアに分類されます。IaaSではミドルウェアをクラウドサービスカスタマ(利用者)側で用意するため、DBMSに対する"修正プログラム適用"と"権限設定"をクラウドサービスプロバイダ(提供者)側で行うのはSaaSまたはPaaSです。そして、アプリケーションに対する責務である項番1、2が利用者側に課されるのは、アプリケーションを利用者側で用意するPaaSまたはIaaSです。したがって、両方の条件に該当するPaaSが正解です。
© 2014-2018 情報処理安全確保支援士ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop