情報処理安全確保支援士 平成30年秋期 午前U 問19

午前U 問19

クラスDのIPアドレス(224.0.0.0〜239.255.255.255)に関する記述として,適切なものはどれか。
  • DHCPサーバが見つからないときの自動設定アドレスに使用される。
  • IETFでの実験用アドレスとして予約されており,一般には使用されない。
  • UDPなどを用いるマルチキャスト通信で使用される。
  • 小規模なネットワークでプライベートアドレスとして使用される。

分類

テクノロジ系 » ネットワーク » 通信プロトコル

正解

解説

クラスDのIPアドレスは、特定のグループに所属する全てのホストに同時送信を行う「マルチキャスト」で使用されるアドレスです。
ビット列の割り振りは、32ビットのうち先頭4ビットがクラスDを表す「1110」で、アドレスの残りの28ビットが送信対象となるグループ番号を指定する部分として使われます。
19.gif/image-size:392×78
  • リンクローカルアドレスの説明です。DHCPサーバが見つからないときに、APIPA(Automatic Private IP Addressing)の機能の働きにより割り振られるIPアドレスです。※IPv4の場合 169.254.*.*
  • クラスEのIPアドレス(240.0.0.0〜255.255.255.255)の説明です。
  • 正しい。
  • クラスCのIPアドレスの説明です。クラスDのIPアドレスは、プライベートアドレスとしてホストに割り当てることができません。
© 2014-2018 情報処理安全確保支援士ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop