情報処理安全確保支援士 平成30年秋期 午前U 問12

午前U 問12

HTTP Strict Transport Security(HSTS)の動作はどれか。
  • HTTP over TLS(HTTPS)によって接続しているとき,EV SSL証明書であることを利用者が容易に識別できるように,Webブラウザのアドレス表示部分を緑色に表示する。
  • Webサーバからコンテンツをダウンロードするとき,どの文字列が秘密情報かを判定できないように圧縮する。
  • WebサーバとWebブラウザとの間のTLSのハンドシェイクにおいて,一度確立したセッションとは別の新たなセッションを確立するとき,既に確立したセッションを使って改めてハンドシェイクを行う。
  • Webサイトにアクセスすると,Webブラウザは,以降の指定された期間,当該サイトには全てHTTPSによって接続する。

分類

テクノロジ系 » セキュリティ » セキュリティ実装技術

正解

解説

HSTS(HTTP Strict Transport Security)は、WebサイトにHTTPSで接続することをWebブラウザに強制するHTTPレスポンスヘッダーです。
//アクセスから365日間、サブドメインも含めてHTTPS接続を強制
Strict-Transport-Security: max-age=31536000; includeSubDomains; preload
WebサイトをHTTPS化した際には 301 HTTP リダイレクトを使用して、HTTPのアドレスにアクセスした利用者をHTTPSページに転送する設定を行うのが一般的ですが、初回のHTTPアクセスは暗号化されていないため、HTTPSページへのリダイレクト前に攻撃(リダイレクト先の書換えや中間者攻撃など)を受ける可能性が残されています。

HSTSをサポートしているWebサイトでは、HTTPでアクセスしようとしたWebブラウザに対して、(コンテンツを返さずに)レスポンスヘッダーでHSTSを通知します。HSTS通知を受け取ったWebブラウザは、HTTPSページにリダイレクトするとともに、この情報を記録しておき、以降の指定された期間、このサイトへの接続の全てをHTTPSとします。これにより、次回からはHTTPのアドレスにアクセスした場合でもWebブラウザが自動的にHTTPSのページを取得しに行くようになるため、セキュリティを高めることができます。
  • Webブラウザの動作です。ただし、2018年11月現在、アドレスバーを緑色にして知らせるWebブラウザは少なくなっています。
  • gzip圧縮などのHTTP圧縮方式の動作です
  • キープアライブ(Keep-Alive)の動作です。
  • 正しい。HSTSの動作です。
© 2014-2018 情報処理安全確保支援士ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop