情報処理安全確保支援士令和元年秋期 午前T 問6

午前T 問6

ジョブ群と実行の条件が次のとおりであるとき,一時ファイルを作成する磁気ディスクに必要な容量は最低何Mバイトか。

〔ジョブ群〕
am1/17.gif/image-size:444×89
〔実行の条件〕
  • ジョブの実行多重度を2とする。
  • 各ジョブの処理時間は同一であり,他のジョブの影響は受けない。
  • 各ジョブは開始時に50Mバイトの一時ファイルを新たに作成する。
  • am1/17_1.gif/image-size:60×20の関係があれば, ジョブXの開始時に作成した一時ファイルは,直後のジョブYで参照し,ジョブYの終了時にその一時ファイルを削除する。直後のジョブが複数個ある場合には,最初に生起されるジョブだけが先行ジョブの一時ファイルを参照する。
  • am1/17_2.gif/image-size:62×42はジョブXの終了時に,ジョブY,ZのようにジョブXと矢印で結ばれる全てのジョブが,上から記述された順に優先して生起されることを示す。
  • am1/17_3.gif/image-size:61×42は先行するジョブX,Y両方が終了したときにジョブZが生起されることを示す。
  • ジョブの生起とは実行待ち行列への追加を意味し,各ジョブは待ち行列の順に実行される。
  • OSのオーバヘッドは考慮しない。
  • [この問題の出題歴]
  • 応用情報技術者
    令和元年秋期 問17と同題

分類

テクノロジ系 » ソフトウェア » オペレーティングシステム

正解

解説

一時ファイルはジョブの開始時に作成され、直後のジョブが終了した時点で削除されます。問題文の条件に従ってジョブの実行状況を追跡すると次のようになります。
  1. ジョブAが生起され実行開始される。
    50Mバイトの一時ファイルを作成
  2. ジョブAが終了する。一時ファイルは直後のジョブB、Cで参照するので削除しない。
  3. ジョブB、ジョブCが生起される。多重度は2なのでどちらも実行開始される。
    →50×2で100Mバイトの一時ファイルを作成
  4. ジョブB、ジョブCが終了する。ジョブAの一時ファイルが削除される。
  5. ジョブD、ジョブEが生起される。多重度は2なのでどちらも実行開始される。
    →50×2で100Mバイトの一時ファイルを作成
  6. ジョブD、ジョブEが終了する。ジョブB、ジョブCの一時ファイルが削除される。
  7. ジョブFが生起され実行開始される。
    50Mバイトの一時ファイルを作成
  8. ジョブFが終了する。ジョブD、ジョブEの一時ファイルが削除される。
am1/17a.gif/image-size:471×151
一時ファイルの容量が最も多くなるのは、4つの一時ファイルが同時に存在するジョブD・E実行中で、その容量は200Mバイトです。したがって、一時ファイルを作成する磁気ディスクには少なくとも200Mバイトの容量が必要です。
data-full-width-responsive="true">
© 2014-2019 情報処理安全確保支援士ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop