情報処理安全確保支援士令和元年秋期 午前U 問21

午前U 問21

JSON形式で表現される図1,図2のような商品データを複数のWebサービスから取得し,商品データベースとして蓄積する際のデータの格納方法に関する記述のうち,適切なものはどれか。ここで,商品データの取得元となるWebサービスは随時変更され,項目数や内容は予測できない。したがって,商品データベースの検索時に使用するキーにはあらかじめ制限を設けない。
21.gif/image-size:502×206
  • 階層型データベースを使用し,項目名を上位階層とし,値を下位階層とした2階層でデータを格納する。
  • グラフ型データベースを使用し,商品データの項目名の集合から成るノードと値の集合から成るノードを作り,二つのノードを関係づけたグラフとしてデータを格納する。
  • ドキュメント型データベースを使用し,項目構成の違いを区別せず,商品データ単位にデータを格納する。
  • リレーショナルデータベースを使用し,商品データの各項目名を個別の列名とした表を定義してデータを格納する。

分類

テクノロジ系 » データベース » データベース方式

正解

解説

この問題に対する解説は、まだ作成されていません。
© 2014-2019 情報処理安全確保支援士ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop