情報処理安全確保支援士令和2年秋期 午前T 問12

午前T 問12

PCからサーバに対し,IPv6を利用した通信を行う場合,ネットワーク層で暗号化を行うのに利用するものはどれか。
  • [この問題の出題歴]
  • 応用情報技術者
    令和2年秋期 問37と同題

分類

テクノロジ系 » ネットワーク » 通信プロトコル

正解

解説

IPv6は、主流のIPv4にかわるものとして策定された次世代版となる通信プロトコルです。IPv4では、約232(=約42億)個であったIPアドレスを約2128(=約340澗)個まで使えるようにしたのが大きな特徴の一つですが、それ以外にも、これまでは上位の層で補完しなければならなかったユーザ認証、パケットの暗号化をIPレイヤで行うIPsec(Security Architecture for IP)の機能がサポートされています。
  • 正しい。IPsecは、IP(Internet Protocol)を拡張してセキュリティを高め、改ざんの検知、通信データの暗号化、送信元の認証などの機能をOSI基本参照モデルのネットワーク層レベル(TCP/IPモデルではインターネット層)で提供するプロトコルです。
  • Point-to-PointProtocolの略。電話回線を通じてコンピュータをネットワークに接続するダイヤルアップ接続でよく使われる、2点間を接続してデータ通信を行うための通信プロトコルです。
  • Secure Shellの略。暗号や認証の技術を利用して、安全にリモートコンピュータと通信するためのプロトコルです。POP3やFTPなどネットワーク上に平文のパスワードが流れてしまう既存のプロトコルを安全に利用する技術として広く利用されています。
  • Transport Layer Securityの略。通信の暗号化、ディジタル証明書を利用した改ざん検出、ノード認証を含む統合セキュアプロトコルです。「Transport Layer」の名称通りトランスポート層のプロトコルです。
© 2014-2020 情報処理安全確保支援士ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop