情報処理安全確保支援士令和2年秋期 午前T 問29

午前T 問29

資料は今年度の損益実績である。翌年度の計画では,営業利益を30百万円にしたい。翌年度の売上高は何百万円を計画すべきか。ここで,翌年度の固定費,変動費率は今年度と変わらないものとする。
am1/77.gif/image-size:217×209
  • [この問題の出題歴]
  • 応用情報技術者
    令和2年秋期 問77と同題

分類

ストラテジ系 » 企業活動 » 会計・財務

正解

解説

この損益実績において営業利益は「売上高−変動費−固定費」で求められます。変動費は売上高の増減によって増減する費用、固定費は売上高にかかわらず毎年一定の金額がかかる費用です。

まず費用を変動費と固定費に分別し各金額を求めます(計算の過程で単位:百万円は省略しています)。

[固定費]
 製造固定費100+販売固定費80=180
[変動費]
 材料費200+外注費100=300

次に変動費から変動費率(売上高に占める変動費の割合)を求めます。

 変動費300÷売上高500=0.6

変動費は売上高に対して一定の割合でかかる費用なので、変動費率を使用して「売上高×0.6」と表すことができます。

売上高をaとし、ここまで求めた数値を用いて以下の式で答えを計算します。

 営業利益=売上高−(売上高×0.6)−固定費
 30=a−0.6a−180
 30=a−0.6a−180
 a−0.6a=30+180
 0.4a=210
 a=525

よって、翌年度の営業利益を30百万円とするためには、525百万円の売上高を計画するべきであることがわかります。
© 2014-2020 情報処理安全確保支援士ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop