情報処理安全確保支援士令和3年秋期 午前U 問3

午前U 問3

PQC(Post-Quantum Cryptography)はどれか。
  • 量子アニーリングマシンを用いて,回路サイズ,消費電力,処理速度を飛躍的に向上させた実装性能をもつ暗号方式
  • 量子コンピュータを用いた攻撃に対しても,安全性を保つことができる暗号方式
  • 量子コンピュータを用いて効率的に素因数分解を行うアルゴリズムによって,暗号を解読する技術
  • 量子通信路を用いた鍵配送システムを利用し,大容量のデータを高速に送受信する技術

分類

テクノロジ系 » セキュリティ » 情報セキュリティ

正解

解説

Post-Quantumとは、量子コンピュータ実現後の世界のことを示しています。現代において基礎技術となっている公開鍵暗号では、素因数分解や離散対数問題を解く際に天文学的な計算量を要することを安全性の根拠としていますが、量子コンピュータが実現するとこれらが効率的に解けるようになってしまいます。

PQC(耐量子暗号)は、量子コンピュータによる解読に対しても耐性をもつ暗号化方式を指します。量子コンピュータの登場を見据えて開発が進められています。

したがって「イ」が適切な記述です。
  • 量子暗号(Quantum Cryptography)の説明です。
  • 正しい。PQCの説明です。
  • ショアのアルゴリズムの説明です。
  • 量子鍵配送(QKD:Quantum Key Distribution)の説明です。
© 2014-2022 情報処理安全確保支援士ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop