情報処理安全確保支援士令和4年秋期 午前U 問17

午前U 問17

無線LANのアクセスポイントがもつプライバシーセパレータ機能(アクセスポイントアイソレーション)の説明はどれか。
  • アクセスポイントの識別子を知っている利用者だけに機器の接続を許可する。
  • 同じアクセスポイントに無線で接続している機器同士の通信を禁止する。
  • 事前に登録されたMACアドレスをもつ機器だけに無線LANへの接続を許可する。
  • 建物外への無線LAN電波の漏れを防ぐことによって第三者による盗聴を防止する。

分類

テクノロジ系 » セキュリティ » 情報セキュリティ対策

正解

解説

プライバシーセパレータは、同一の無線LANに接続されたデバイス同士の通信を抑制する機能です。店舗内Wi-fiや公衆無線LANサービスのように見知らぬ他人同士が同じ無線LANに接続する場面で、利用者のセキュリティ保護のために設定されます。
17.gif/image-size:290×208
  • SSIDステルス機能の説明です。
  • 正しい。プライバシーセパレータの説明です。
  • MACアドレスフィルタリングの説明です。
  • 無線LANの電波漏れには、設置スペースに適合する無線LAN親機の選択や電波遮蔽シートの設置が対策となります。
© 2014-2022 情報処理安全確保支援士ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop