情報処理安全確保支援士令和4年秋期 午前U 問22

午前U 問22

あるプログラムについて,流れ図で示される部分に関するテストケースを,判定条件網羅(分岐網羅)によって設定する。この場合のテストケースの組合せとして,適切なものはどれか。ここで,( )で囲んだ部分は,一組みのテストデータを表すものとする。
22.gif/image-size:165×257
  • (A=1,B=1),(A=7,B=1)
  • (A=4,B=0),(A=8,B=1)
  • (A=4,B=1),(A=6,B=1)
  • (A=7,B=1),(A=1,B=0)

分類

テクノロジ系 » システム開発技術 » ソフトウェア構築

正解

解説

判定条件網羅(分岐網羅)は、各分岐について判定条件の真偽を少なくとも1回は実行するという網羅性のレベルです。したがって、"Yes"と"No"のどちらの処理も実行するようになっているテストケースが正解となります。
  • 正しい。(A=1,B=1)は"No"と判定され、(A=7,B=1)は"Yes"と判定されます。"Yes"と"No"のどちらも実行できるので判定条件網羅を満たします。
  • (A=4,B=0)は"Yes"と判定され、(A=8,B=1)も"Yes"と判定されます。"Yes"のときの処理しか実行できないので誤りです。
  • (A=4,B=1)は"No"と判定され、(A=6,B=1)も"No"と判定されます。"No"のときの処理しか実行できないので誤りです。
  • (A=7,B=1)は"Yes"と判定され、(A=1,B=0)も"Yes"と判定されます。"Yes"のときの処理しか実行できないので誤りです。
© 2014-2022 情報処理安全確保支援士ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop