情報処理安全確保支援士令和5年春期 午前T 問29

問29

原価計算基準に従い製造原価の経費に算入する費用はどれか。
  • 製品を生産している機械装置の修繕費用
  • 台風で被害を受けた製品倉庫の修繕費用
  • 賃貸目的で購入した倉庫の管理費用
  • 本社社屋建設のために借り入れた資金の支払利息
  • [出典]
  • 応用情報技術者
    令和5年春期 問76と同題

分類

ストラテジ系 » 企業活動 » 会計・財務

正解

解説

製造原価は、製品の生産、販売に関して消費された経済価値の総和です。直接的・間接的を問わず、製品を作り出すために支出されたあらゆる費用を含みますが、以下の2つについては製造原価に算入しないのが原則です。
  • 製品の生産、販売に関連しない活動、たとえば財務活動に関する費用
  • 異常な状態を原因とする価値の減少
製造原価の費目別計算においては、材料費、労務費および経費の分類を基本とし、これを直接費と間接費とに分けます。原価計算基準(1962年-企業会計審議会)では6つのカテゴリの分類例として以下の費目を挙げています。
am1/76.gif/image-size:437×207
  • 正しい。機械装置の修繕費は、間接経費として製造原価に算入します。
  • 火災、震災、風水害、盗難、争議等の偶発的事故などの異常な状態を原因とする損失は、非原価項目に該当します。
  • 賃貸目的など投資資産と認められる不動産、有価証券、貸付金等に関する減価償却費、管理費、租税等の費用は、非原価項目に該当します。
  • 支払利息や割引料などの財務活動に関する費用は、非原価項目に該当します。
© 2014-2024 情報処理安全確保支援士ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop