情報処理安全確保支援士令和5年春期 午前U 問19

問19

スパニングツリープロトコルが適用されている複数のブリッジから成るネットワークにおいて,任意の一つのリンクの両端のブリッジのうち,ルートブリッジまでの経路コストが小さいブリッジの側にあるポートを何と呼ぶか。
  • アクセスポート(Access Port)
  • 代表ポート(Designated Port)
  • トランクポート(Trunk Port)
  • ルートポート(Root Port)

分類

テクノロジ系 » ネットワーク » データ通信と制御

正解

解説

スパニングツリープロトコル(STP)は、ループ状になっているネットワークをルートブリッジを根とした論理的なツリー構造のトポロジーとして扱うためのプロトコルで、IEEE802.1Dとして標準化されています。

ネットワークを構成する場合、トラブル発生時に機能停止を引き起こさないようスイッチやブリッジなどの中継器を用いて迂回路を設け冗長性を持たせることが必要です。しかし、迂回路を設けたことでループとなる通信経路が発生すると、ブロードキャストストーム(ループ内の中継機器間でブロードキャストフレームが増幅されループ内を周回し続ける)などの問題が発生し、ネットワーク障害を起こすことになります。こうした問題を回避するために、ループ状構造が含まれているネットワーク構造を、ルートブリッジ(スイッチ、以下同じ)を根とした論理的なツリー構造として扱えるようにしたのがスパニングツリープロトコルです。

スパニングツリーを形成するために決定されるのが、ツリー構造の根となるルートブリッジ、枝を形成するためのルートポート、代表ポートです。
ルートポート(Root Port)
ルートブリッジ以外のブリッジにおいて、ルートブリッジまでの経路コストが最小となるポートのこと。経路コストは使用している経路の帯域幅によって求められ、帯域幅が大きいほどコストは小さくなる
代表ポート(Designated Port)
ブリッジや機器を接続する各リンクにおいて、ルートブリッジまでの経路コストが最小となるポートのこと
スパニングツリー内のブリッジの中で、ルートポートでも代表ポートでもないポートは非代表ポート(Non Designated Port)となり、ツリー構造を乱さないために、平常時にはフレーム転送を行わないブロッキング状態となります。しかし、障害発生時には経路コストを基にスパニングツリーを再構成し、ブロックポートを転送可能とすることで回線ダウンを防ぐ仕組みになっています。
19.gif/image-size:434×296
  • アクセスポートは、VLANにおいて1つのVLANにのみ接続するポートです。スパニングツリーには直接関係しません。
  • 正しい。代表ポートは、ブリッジや機器を接続するリンクにおいて、経路コストが最小となる側のブリッジのポートが代表ポートとなります。
  • トランクポートは、複数のVLANに割り当てられているポートのことです。各VLANを識別するためのVLANタグを用いてフレーム転送を行います。スパニングツリーには直接関係しません。
  • ルートポートは、ルートブリッジ以外のブリッジのポートのうち、ルートブリッジまでの経路コストが最小であるポートです。
© 2014-2024 情報処理安全確保支援士ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop