情報セキュリティスペシャリスト 平成21年秋期 午前T 問17

午前T 問17

取得者(発注者)と供給者(受注者)の二者間取引を明確化するためのものであり,業務分析,業務設計,ソフトウェアを中心としたシステムの企画,要件定義,開発,運用,保守及びそれにかかわる諸活動を対象としており,国際規格に適合しているものはどれか。
  • CMMI
  • PMBOK
  • 共通フレーム
  • ソフトウェア保守規格
  • [この問題の出題歴]
  • 応用情報技術者
    平成21年秋期 問49と同題

分類

テクノロジ系 » ソフトウェア開発管理技術 » 開発プロセス・手法

正解

解説

共通フレームは、ソフトウェア産業界においての"共通の物差し"となることを目的として作成された規格です。取得者と供給者双方または、システム開発に関わる全ての人が、ソフトウェアを中心としたシステムの企画, 要件定義,開発,運用,保守の作業内容を共通に参照できるよう詳細に表現したり、ソフトウェア取引を明確化するための基準が記述されています。
  • Capability Maturity Model Integrationの略。統合能力成熟度モデルと呼ばれ、組織におけるプロセス改善をガイドするモデルです。
  • Project Management Body of Knowledgeの略。アメリカのプロジェクトマネジメント協会(PMI)が策定したプロジェク管理のフレームワークです。
  • 正しい。
  • 保守規格ではありません。
© 2014-2019 情報処理安全確保支援士ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop