情報セキュリティスペシャリスト平成24年春期 午前U 問21

問21

SQLのGRANT文による権限定義に関する記述のうち,適切なものはどれか。
  • PUBLIC指定によって,すべての権限を与えることができる。
  • WITH GRANT OPTION指定によって,権限を付与可能にすることができる。
  • ビューに対して固有の参照権限を定義できない。
  • 表定義のSQL文内にGRANT文を指定することによって,権限定義ができる。

分類

テクノロジ系 » データベース » トランザクション処理

正解

解説

GRANT文は、特定のユーザーに表などのデータベースオブジェクトに対する権限を付与するSQL文です。
GRANT オブジェクトの権限 ON オブジェクト名
  TO { ユーザー名 | ロール名 | PUBLIC }
  [ WITH GRANT OPTION ]
  • 全ての権限を付与するには、権限の名称としてALL PRIVILEGESを指定します。PUBLIC指定は、全てのユーザーにオブジェクト権限を与える指定です。
  • 正しい。WITH GRANT OPTIONは、対象のユーザーに、別のユーザーに対する権限付与権を与える指定です。
  • 実表だけでなくビューに対しても権限を定義することができます。
  • 表定義中(CREATE TABLE文)では権限付与をすることはできません。表の定義後にGRANT文を実行する必要があります。
© 2014-2024 情報処理安全確保支援士ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop