情報セキュリティスペシャリスト平成25年秋期 午前U 問12

問12

送信元を詐称した電子メールを拒否するために,SPF(Sender Policy Framework)の仕組みにおいて受信側が行うことはどれか。
  • Resent-Sender:,Resent-From:,Sender:,From: などのメールヘッダの送信者メールアドレスを基に送信メールアカウントを検証する。
  • SMTPが利用するポート番号25の通信を拒否する。
  • SMTP通信中にやり取りされるMAIL FROMコマンドで与えられた送信ドメインと送信サーバのIPアドレスの適合性を検証する。
  • 電子メールに付加されたデジタル署名を検証する。
  • [出題歴]
  • 情報セキュリティ H22秋期 問12
  • 情報セキュリティ H24春期 問12

分類

テクノロジ系 » セキュリティ » セキュリティ実装技術

正解

解説

SPF(Sender Policy Framework)は、メールを送信しようとしてきたメールサーバのIPアドレス情報を検証することで、正規のサーバからのメール送信であるかどうか確認することができる技術です。受信メールサーバ側がメールの送信元ドメインを管理するDNSサーバに問い合わせ、返されたIPアドレスが送信元メールサーバのIPアドレスと一致するかどうかでなりすましを検知します。

SPFでは以下の手順で送信元IPアドレスの検証を行います。
  1. 送信側は、送信側ドメインのDNSサーバのSPFレコード(またはTXTレコード)に正当なメールサーバのIPアドレスやホスト名を登録し、公開しておく。
  2. 送信側から受信側へ、SMTPメールが送信される。
  3. 受信側メールサーバは、受信側ドメインのDNSサーバを通じて、MAIL FROMコマンドに記載された送信者メールアドレスのドメインを管理するDNSサーバに問い合わせ、SPF情報を取得する。
  4. SPF情報との照合でSMTP接続してきたメールサーバのIPアドレスの確認に成功すれば、正当なドメインから送信されたと判断する。
12.gif/image-size:577×280
  • SPFでは送信元のIPアドレス情報を元に正当性を確認します。
  • OP25Bの仕組みです。
  • 正しい。SPFで受信側が行うことです。
  • DKIM(DomainKeys Identified Mail)で受信側が行うことです。
© 2014-2024 情報処理安全確保支援士ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop