情報セキュリティスペシャリスト 平成26年秋期 午前U 問20

午前U 問20

インターネット標準 RFC 5322(旧 RFC 822)に準拠した電子メールにおいて,ヘッダと本体を区別する方法はどれか。
  • <header>と</header>で囲まれた部分をヘッダ,<body>と</body>で囲まれた部分を本体とする。
  • 1個のピリオドだけから成る行の前後でヘッダと本体を分ける。
  • Subjectフィールドがヘッダの最後であり,それ以降を本体とする。
  • 最初に現れる空行の前後でヘッダと本体を分ける。

分類

テクノロジ系 » ネットワーク » ネットワーク応用

正解

解説

電子メールはテキスト形式のデータで、ヘッダ−部と本体に分かれています。
メールデータは1行ごとに宛先アドレスや送信元アドレス、件名(Subject)が記録されているヘッダー部から始まり、空白行(改行だけの行)を挟んで本体が記録されるという構造になっています。

したがってヘッダーと本体を区切る方法は「最初に現れる空白行」が適切です。
  • 電子メールの構造はタグで記述されていません。
  • 1個のピリオドから成る行はメールデータの終端を表すために付加されます。
  • Subjectフィールドの記述位置はヘッダー部の最後である必要はありません。
  • 正しい。
© 2014-2019 情報処理安全確保支援士ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop