情報処理安全確保支援士 平成29年秋期 午前U 問12

午前U 問12

JIS Q 27000:2014(情報セキュリティマネジメントシステム−用語)における情報セキュリティリスクに関する定義のうち,適切なものはどれか。
  • 脅威とは,一つ以上の要因によって悪用される可能性がある,資産又は管理策の弱点のことである。
  • 脆弱性とは,システム又は組織に損害を与える可能性がある,望ましくないインシデントの潜在的な原因のことである。
  • リスク対応とは,リスクの大きさが,受容可能か又は許容可能かを決定するために,リスク分析の結果をリスク基準と比較するプロセスのことである。
  • リスク特定とは,リスクを発見,認識及び記述するプロセスのことであり,リスク源,事象,それらの原因及び起こり得る結果の特定が含まれる。
  • [この問題の出題歴]
  • 情報セキュリティ H28春期 問11

分類

テクノロジ系 » セキュリティ » 情報セキュリティ管理

正解

解説

JIS Q 27000は、情報セキュリティマネジメントシステムに関する用語が定義されたJIS規格です。
  • 記述は脆弱性を説明したものです。
    脅威は、「システム又は組織に損害を与える可能性がある,望ましくないインシデントの潜在的な原因」と定義されています。
  • 記述は脅威を説明したものです。
    脆弱性は、「一つ以上の脅威によって付け込まれる可能性のある,資産又は管理策の弱点」と定義されています。
  • 記述はリスク評価を説明したものです。
    リスク対応は、「リスクを修正するプロセス」と定義されています。
  • 正しい。
    リスクの特定は、「リスクを発見,認識及び記述するプロセス」及び「リスク源,事象,それらの原因及び起こり得る結果の特定が含まれる」と定義されています。
© 2014-2019 情報処理安全確保支援士ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop