情報処理安全確保支援士令和2年秋期 午前T 問17

午前T 問17

アジャイル開発手法の説明のうち,スクラムのものはどれか。
  • コミュニケーション,シンプル,フィードバック,勇気,尊重の五つの価値を基礎とし,テスト駆動型開発,ペアプログラミング,リファクタリングなどのプラクティスを推奨する。
  • 推測(プロジェクト立上げ,適応的サイクル計画),協調(並行コンポーネント開発),学習(品質レビュー,最終QA/リリース)のライフサイクルをもつ。
  • プロダクトオーナなどの役割,スプリントレビューなどのイベント,プロダクトバックログなどの作成物,及びルールから成るソフトウェア開発のフレームワークである。
  • モデルの全体像を作成した上で,優先度を付けた詳細なフィーチャリストを作成し,フィーチャを単位として計画し,フィーチャ単位に設計と構築を繰り返す。
  • [この問題の出題歴]
  • 応用情報技術者
    令和2年秋期 問49と同題

分類

テクノロジ系 » ソフトウェア開発管理技術 » 開発プロセス・手法

正解

解説

この問題に対する解説は、まだ作成されていません。
© 2014-2020 情報処理安全確保支援士ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop