情報処理安全確保支援士令和2年秋期 午前T 問22

午前T 問22

監査証拠の入手と評価に関する記述のうち,システム監査基準(平成30年)に照らして,適切でないものはどれか。
  • アジャイル手法を用いたシステム開発プロジェクトにおいては,管理用ドキュメントとしての体裁が整っているものだけが監査証拠として利用できる。
  • 外部委託業務実施拠点に対する現地調査が必要と考えたとき,委託先から入手した第三者の保証報告書に依拠できると判断すれば,現地調査を省略できる。
  • 十分かつ適切な監査証拠を入手するための本調査の前に,監査対象の実態を把握するための予備調査を実施する。
  • 一つの監査目的に対して,通常は,複数の監査手続を組み合わせて監査を実施する。
  • [この問題の出題歴]
  • 応用情報技術者
    令和2年秋期 問60と同題

分類

マネジメント系 » システム監査 » システム監査

正解

解説

この問題に対する解説は、まだ作成されていません。
© 2014-2020 情報処理安全確保支援士ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop