情報処理安全確保支援士令和2年秋期 午前T 問27

午前T 問27

CPS(サイバーフィジカルシステム)を活用している事例はどれか。
  • 仮想化された標準的なシステム資源を用意しておき,業務内容に合わせてシステムの規模や構成をソフトウェアによって設定する。
  • 機器を販売するのではなく貸し出し,その機器に組み込まれたセンサで使用状況を検知し,その情報を元に利用者から利用料金を徴収する。
  • 業務処理機能やデータ蓄積機能をサーバにもたせ,クライアント側はネットワーク接続と最小限の入出力機能だけをもたせてデスクトップの仮想化を行う。
  • 現実世界の都市の構造や活動状況のデータによって仮想世界を構築し,災害の発生や時間軸を自由に操作して,現実世界では実現できないシミュレーションを行う。
  • [この問題の出題歴]
  • 応用情報技術者
    令和2年秋期 問71と同題

分類

ストラテジ系 » ビジネスインダストリ » ビジネスシステム

正解

解説

この問題に対する解説は、まだ作成されていません。
© 2014-2020 情報処理安全確保支援士ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop