情報処理安全確保支援士令和3年春期 午前U 問19

午前U 問19

スイッチングハブ同士を接続する際に,複数のポートを束ねて一つの論理ポートとして扱う技術はどれか。
  • MIME
  • MIMO
  • マルチパート
  • リンクアグリゲーション

分類

テクノロジ系 » ネットワーク » データ通信と制御

正解

解説

リンクアグリゲーションは、最大8本までの装置間の物理回線を仮想的な1本の回線として扱う技術で、IEEE802.3adとして標準化されています。例えば、100Mbpsの物理回線を2本束ねれば200Mbpsの通信帯域幅を確保できることになります。これにより通信の安定や高速化を望めるほか、1本の回線に障害が発生しても別の回線で通信ができるので耐障害性が向上する利点があります。

主にスイッチ間通信における通信帯域の拡張や冗長性の確保の目的で使用されます。
  • Multipurpose Internet Mail Extensionの略。ASCII文字しか使用できないSMTPを利用したメールで、日本語などの2バイトコードや画像・動画・音声データを送信するための仕組みです。
  • Multiple Input Multiple Outputの略。無線通信において送信データを複数のストリームに分割し、それぞれを複数のアンテナで送受信することで高速に伝送する技術です。無線LANの規格IEEE802.11n以降で採用されています。
  • マルチパートは、1通の電子メールの中にテキスト・画像・音声などの複数のメディア形式を格納するときの記述方法です。
  • 正しい。
© 2014-2021 情報処理安全確保支援士ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop