情報処理安全確保支援士令和3年春期 午前U 問20

午前U 問20

IPv4ネットワークにおけるIPアドレス 127.0.0.1 に関する記述として,適切なものはどれか。
  • DHCPが使用できないときに自動生成されるIPアドレスとして使用される。
  • 全ホストに対するブロードキャストアドレスとして使用される。
  • 単一のコンピュータ上で動作するプログラム同士が通信する際に使用される。
  • デフォルトゲートウェイのアドレスとして使用される。

分類

テクノロジ系 » ネットワーク » 通信プロトコル

正解

解説

ループバックアドレスは、現在使用しているコンピュータを指す特別なIPアドレスです。IPv4では"127.0.0.1"、IPv6では"::1"がループバックアドレスとして定義されています。
  • リンクローカルアドレスの説明です。DHCPが使用できないときにIPアドレスを自動設定する機能をAPIPA(Automatic Private IP Addressing)といい、"169.254.x.y"というIPアドレスが割り当てられます。
  • ブロードキャストアドレスは、ホスト部のビットをすべて1にしたIPアドレスです。自ネットワークのネットワークアドレスがわからない場合にはリミテッドブロードキャストアドレス"255.255.255.255"を使うことになります。
  • 正しい。自コンピュータ内で動作しているプログラムと通信をする場合に、送信元であるコンピュータ自身を宛先にするためのアドレスとして使います。
  • デフォルトゲートウェイのアドレスには"192.168.0.1"または"192.168.1.1"が使用されます。
© 2014-2021 情報処理安全確保支援士ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop