情報処理安全確保支援士令和4年秋期 午前T 問5

午前T 問5

コンテナ型仮想化の説明として,適切なものはどれか。
  • 物理サーバと物理サーバの仮想環境とがOSを共有するので,物理サーバか物理サーバの仮想環境のどちらかにOSをもてばよい。
  • 物理サーバにホストOSをもたず,物理サーバにインストールした仮想化ソフトウェアによって,個別のゲストOSをもった仮想サーバを動作させる。
  • 物理サーバのホストOSと仮想化ソフトウェアによって,プログラムの実行環境を仮想化するので,仮想サーバに個別のゲストOSをもたない。
  • 物理サーバのホストOSにインストールした仮想化ソフトウェアによって,個別のゲストOSをもった仮想サーバを動作させる。
  • [出典]
  • 応用情報技術者
    令和4年秋期 問12と同題

分類

テクノロジ系 » システム構成要素 » システムの構成

正解

解説

仮想化のアーキテクチャは、ハイパバイザ型、ホスト型、コンテナ型に大別されます。
am1/12.gif/image-size:580×209
コンテナ型は、ホストOS上にコンテナという互いに独立した空間を用意し、その空間上でライブラリやアプリケーションを動かす仕組みです。ゲストOSを起動する必要がないため低リソースで仮想化環境を構築することができます。しかし、ホストOSとは別のOSの仮想環境を構築することができないという制約もあります。
  • コンテナ型がOSを共有するというのは正しいですが、OSは必ず物理サーバがもつことになります。
  • コンテナ型はホストOSを持ちます。ホストOSがないアーキテクチャはハイパバイザ型です。
  • 正しい。ホストOS上にゲストOSなしのプログラムの実行環境を構築するのがコンテナ型です。
  • コンテナ型ではゲストOSを動作させることができません。
© 2014-2022 情報処理安全確保支援士ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop