情報処理安全確保支援士令和4年春期 午前U 問6

午前U 問6

量子暗号の特徴として,適切なものはどれか。
  • 暗号化と復号の処理を,量子コンピュータを用いて瞬時に行うことができるので,従来のコンピュータでの処理に比べて大量のデータの秘匿を短時間で実現できる。
  • 共通鍵暗号方式であり,従来の情報の取扱量の最小単位であるビットの代わりに量子ビットを用いることによって,瞬時のデータ送受信が実現できる。
  • 量子雑音を用いて疑似乱数を発生させて共通鍵を生成し,公開鍵暗号方式で共有することによって,解読が困難な秘匿通信が実現できる。
  • 量子通信路を用いて安全に共有した乱数列を使い捨ての暗号鍵として用いることによって,原理的に第三者に解読されない秘匿通信が実現できる。

分類

テクノロジ系 » セキュリティ » 情報セキュリティ

正解

解説

この問題に対する解説は、まだ作成されていません。
© 2014-2022 情報処理安全確保支援士ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop