情報処理安全確保支援士令和5年春期 午前T 問12

問12

ボットネットにおいてC&Cサーバが担う役割はどれか。
  • 遠隔操作が可能なマルウェアに,情報収集及び攻撃活動を指示する。
  • 攻撃の踏み台となった複数のサーバからの通信を制御して遮断する。
  • 電子商取引事業者などへの偽のデジタル証明書の発行を命令する。
  • 不正なWebコンテンツのテキスト,画像及びレイアウト情報を一元的に管理する。
  • [出典]
  • 応用情報技術者
    令和5年春期 問36と同題

分類

テクノロジ系 » セキュリティ » 情報セキュリティ

正解

解説

C&Cサーバ(コマンド・コントロール・サーバ)は、マルウェアが侵入に成功したコンピュータ群(ボットネット)の動作を制御するために用いられる外部の指令サーバです。

マルウェアはC&Cサーバからの指令を受けて、乗っ取ったコンピュータで悪意のある活動を行います。単純に外部から内部ネットワークに存在するマルウェアに対して通信を試みてもFWなどで遮断されてしまうため、マルウェア側からC&Cサーバに対して定期的に問い合わせを行い、その応答を使って指令を行う仕組みが用いられています。この仕組みを「コネクトバック通信」といいます。

したがって、C&Cサーバの役割を説明した記述は「ア」です。
am1/36.gif/image-size:393×247
© 2014-2024 情報処理安全確保支援士ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop