情報セキュリティスペシャリスト 平成21年秋期 午前T 問13

午前T 問13

図は,既存の電話機を使用した企業内PBXの内線網を,IPネットワークに統合する場合の接続構成を示している。図中のa〜cに該当する装置の適切な組合せはどれか。
am1/37.gif/image-size:314×41
  • [この問題の出題歴]
  • 応用情報技術者
    平成21年秋期 問37と同題

分類

テクノロジ系 » ネットワーク » ネットワーク応用

正解

解説

VoIP(Voice over Internet Protocol,ボイップ)は、IPネットワークで音声伝送を扱う技術の総称で、音声を各種符号化方式で圧縮しパケットに変換した上でリアルタイム伝送を行うことができます。
VoIPの構成要素であるPBX,VoIPゲートウェイ,およびルータの機能は次の通りです。
PBX(Private Branch eXchange)
複数の構内電話機を、公衆電話回線網に接続して使用する際の中継装置のこと。
VoIPゲートウェイ
電話網とIPネットワークの境界に置かれ、音声とIPパケットの相互変換を行う。
ルータ
他のIPネットワークとの境界に設置され、パケットのIPアドレスを見て最適な経路に中継する通信装置。
問題文の図をみると、まずaが公衆電話回線網との接続点なので「PBX」,cが他のネットワークとの接続点なので「ルータ」になります。bはアナログ電話網とIPネットワークとの境界なので、音声とIPパケットを相互変換する「VoIPゲートウェイ」になります。
am1/37_1.gif/image-size:314×35
© 2014-2019 情報処理安全確保支援士ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop