情報セキュリティスペシャリスト平成21年秋期 午前T 問19

午前T 問19

ソフトウェアの開発規模と開発工数の関係を示すグラフはどれか。
  • [この問題の出題歴]
  • 応用情報技術者
    平成21年秋期 問53と同題

分類

マネジメント系 » プロジェクトマネジメント » 資源マネジメント

正解

解説

開発規模が増えるほど開発にかかわる要員が増え、情報の伝達や要員の管理に多くの時間がかかるようになるため、一般的にソフトウェアは開発規模の拡大に伴って、開発工数が指数関数的に増大すると言われています。
規模が大きくなるにつれて工数が際限なく上昇していくというこの関係を表しているのが「エ」のグラフになります。
© 2014-2019 情報処理安全確保支援士ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop