情報セキュリティスペシャリスト 平成25年秋期 午前U 問23

午前U 問23

表は,システムへの要求の明確さに応じた開発方針と,開発方針に適した開発モデルの組である。a〜cに該当する開発モデルの組合せはどれか。
23.gif/image-size:490×162

分類

テクノロジ系 » ソフトウェア開発管理技術 » 開発プロセス・手法

正解

解説

それぞれの開発モデルの特徴は次の通りです。
ウォータフォールモデル
開発プロジェクトを時系列に「要求定義」「外部設計(概要設計)」「内部設計(詳細設計)」「開発(プログラミング)」「テスト」「運用」などの作業工程(局面、フェーズ)に分割し、開発を上流から下流に一方向に進める開発モデル。
23_1.gif/image-size:444×60
進化的モデル
要求が確定した部分から開発していき、要件定義〜テストを繰り返しながら機能を追加していく開発モデル。開発するシステムの完成形が未定でも適用できる。
23_2.gif/image-size:253×80
プロトタイピングモデル
システム開発プロセスの早い段階でシステムの試作品をつくり、ユーザにそのイメージを理解させ、承認を得ながら開発を進めていく開発モデル。
23_3.gif/image-size:507×60
上記の特徴と設問の表中「開発方針」と照らし合わせると、
  1. ウォータフォールモデル
  2. プロトタイピングモデル
  3. 進化的モデル
が適切な組合せとなります。
© 2014-2019 情報処理安全確保支援士ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop