情報セキュリティスペシャリスト平成26年秋期 午前U 問5

午前U 問5

FIPS 140-2を説明したものはどれか。
  • 暗号モジュールのセキュリティ要求事項
  • 情報セキュリティマネジメントシステムに関する認証基準
  • ディジタル証明書や証明書失効リストの標準仕様
  • 無線LANセキュリティ技術
  • [この問題の出題歴]
  • 情報セキュリティ H22秋期 問3
  • 情報セキュリティ H24秋期 問8
  • 安全確保支援士 H29春期 問7
  • 安全確保支援士 H30秋期 問5

分類

テクノロジ系 » セキュリティ » セキュリティ技術評価

正解

解説

FIPS 140(Federal Information Processing Standardization 140)は、米国連邦政府の省庁等各機関が利用する、ハードウェア及びソフトウェア両方を含む "暗号モジュール" に関する要件を規定した米国連邦標準規格で、2014年1月現在の最新版は「FIPS140-2」です。

したがって正しい記述は「ア」です。
  • 正しい。FIPS 140-2の説明です。
  • ISMSの説明です。
  • ITU-T X.509の説明です。
  • WPA(Wi-Fi Protected Access)などの説明です。
© 2014-2019 情報処理安全確保支援士ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop