情報セキュリティスペシャリスト平成26年春期 午前T 問6

午前T 問6

OSのプロセス制御におけるプリエンプティブ方式に関する記述のうち,適切なものはどれか。
  • 各プロセスがシステム資源を自主管理できるので,マルチプログラミングに向いている。
  • ノンプリエンプティブ方式に比べて,コンテキスト切替えのためのオーバヘッドが小さい。
  • ノンプリエンプティブ方式に比べて,特定のプロセスがプロセッサを独占することが多い。
  • プリエンプティブ方式を実現するには,OSがプロセスを強制的に切り替えて実行する機構が必要になる。
  • [この問題の出題歴]
  • 応用情報技術者
    平成26年春期 問16と同題

分類

テクノロジ系 » ソフトウェア » オペレーティングシステム

正解

解説

プリエンプティブノンプリエンプティブは、共にマルチタスクOS上で実行されているプログラムを切り替えるときの方式です。
プリエンプティブ
OSがCPUやシステム資源を管理し、CPU使用時間や優先度などによりタスクを実行状態や実行可能状態に切り替える方式。
ノンプリエンプティブ
実行プロセスの切替をプログラム自身に任せる方式で、プログラムが自発的にCPUを開放した時間でほかタスクを実行する。OSがCPUを管理しないので、1つのプログラムを実行中は、ほかのプログラムの実行は制限される。
  • プリエンプティブ方式では、システム資源はOSが管理します。
  • プリエンプティブ方式ではプロセスの切替えが頻繁に起こるので、コンテキスト切替えのオーバヘッドは大きくなります。
  • 実行中のプロセスが処理途中であってもOSが強制的に切替えを行うので特定のプロセッサがCPUを独占することは少なくなります。
  • 正しい。
※1つのCPUで複数のタスクを実行するときに、PSW(Program Status Word)や主記憶アドレス空間の内容をタスクごとに切り替る操作
© 2014-2019 情報処理安全確保支援士ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop