情報セキュリティスペシャリスト平成29年春期 午前U 問22

午前U 問22

システム及びソフトウェア品質モデルの規格であるJIS X 25010:2013で定義されたシステム及び/又はソフトウェア製品の品質特性に関する説明のうち,適切なものはどれか。
  • 機能適合性とは,明示された状況下で使用するとき,明示的ニーズ及び暗黙のニーズを満足させる機能を,製品又はシステムが提供する度合いのことである。
  • 信頼性とは,明記された状態(条件)で使用する資源の量に関係する性能の度合いのことである。
  • 性能効率性とは,明示された利用状況において,有効性,効率性及び満足性をもって明示された目標を達成するために,明示された利用者が製品又はシステムを利用することができる度合いのことである。
  • 保守性とは,明示された時間帯で,明示された条件下に,システム,製品又は構成要素が明示された機能を実行する度合いのことである。

分類

テクノロジ系 » システム開発技術 » ソフトウェア方式設計・詳細設計

正解

解説

JIS X 25010:2013は、ソフトウェア品質特性を定義した国際規格ISO/IEC 25010のJIS版で、JIS X 0129-1の後継規格に当たります。JIS X 25010:2013では、JIS X 0129-1で6つだった品質特性が機能適合性、性能効率性、互換性、使用性、信頼性、セキュリティ、保守性、移植性の8つに拡張されています。

それぞれの定義は以下の通りです。
機能適合性
明示された状況下で使用するとき,明示的ニーズ及び暗黙のニーズを満足させる機能を,製品又はシステムが提供する度合い。
性能効率性
明記された状態(条件)で使用する資源の量に関係する性能の度合い。
互換性
同じハードウェア環境又はソフトウェア環境を共有する間,製品,システム又は構成要素が他の製品,システム又は構成要素の情報を交換することができる度合い,及び/又はその要求された機能を実行することができる度合い。
使用性
明示された利用状況において,有効性,効率性及び満足性をもって明示された目標を達成するために,明示された利用者が製品又はシステムを利用することができる度合い。
信頼性
明示された時間帯で,明示された条件下に,システム,製品又は構成要素が明示された機能を実行する度合い。
セキュリティ
人間又は他の製品若しくはシステムが,認められた権限の種類及び水準に応じたデータアクセスの度合いをもてるように,製品又はシステムが情報及びデータを保護する度合い。
保守性
意図した保守者によって,製品又はシステムが修正することができる有効性及び効率性の度合い。
移植性
一つのハードウェア,ソフトウェア又は他の運用環境若しくは利用環境からその他の環境に,システム,製品又は構成要素を移すことができる有効性及び効率性の度合い。
  • 正しい。機能適合性の定義です。
  • 記述は性能効率性の定義です。
  • 記述は使用性の定義です。
  • 記述は信頼性の定義です。
22.gif/image-size:570×215
© 2014-2019 情報処理安全確保支援士ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop