情報セキュリティスペシャリスト平成29年秋期 午前U 問22

午前U 問22

JIS X 25010:2013(システム及びソフトウェア製品の品質要求及び評価(SQuaRE)−システム及びソフトウェア品質モデル)におけるシステムの利用時の品質特性に"満足性"がある。"満足性"の品質副特性の一つである"実用性"の説明はどれか。
  • 個人的なニーズを満たすことから利用者が感じる喜びの度合い
  • 利用者がシステム又はソフトウェアを利用するときの快適さに満足する度合い
  • 利用者又は他の利害関係者がもつ,製品又はシステムが意図したとおりに動作するという確信の度合い
  • 利用の結果及び利用の影響を含め,利用者が把握した目標の達成状況によって得られる利用者の満足の度合い

分類

テクノロジ系 » システム開発技術 » ソフトウェア方式設計・詳細設計

正解

解説

JIS X 25010:2013では、品質特性を開発者側からみた項目と利用者側から見た項目に分けて品質モデルを定義しています。
22.gif/image-size:570×378
満足性(satisfaction)は、利用時における品質の特徴の1つで「製品又はシステムが明示された利用状況において使用されるとき,利用者ニーズが満足される度合い」を表します。満足性には、実用性、信用性、快感性、快適性という4つの副特性が含まれます。
実用性 (usefulness)
利用の結果及び利用の影響を含め,利用者が把握した目標の達成状況によって得られる利用者の満足の度合い。
信用性 (trust)
利用者又は他の利害関係者がもつ,製品又はシステムが意図したとおりに動作するという確信の度合い。
快感性 (pleasure)
個人的なニーズを満たすことから利用者が感じる喜びの度合い。
快適性 (comfort)
利用者が(システム又はソフトウェアを利用する時の)快適さに満足する度合い。
したがって実用性の説明は「エ」になります。
  • 快感性の説明です。
  • 快適性の説明です。
  • 信用性の説明です。
  • 正しい。実用性の説明です。
© 2014-2019 情報処理安全確保支援士ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop