情報処理安全確保支援士 平成29年春期 午前U 問20

午前U 問20

IEEE 802.11a/b/g/nで採用されているアクセス制御方式はどれか。
  • CSMA/CA
  • CSMA/CD
  • LAPB
  • トークンパッシング方式
  • [この問題の出題歴]
  • 情報セキュリティ H25春期 問17
  • 情報セキュリティ H20春期 問18

分類

テクノロジ系 » ネットワーク » データ通信と制御

正解

解説

IEEE 802.11シリーズは、ワイヤレスLAN上で認証と暗号化方式、暗号化通信のための動的なキーの生成、および配送を行う仕組みを規定した「無線LAN用セキュリティ規格」です。

CSMA/CA(搬送波感知多元接続/衝突回避方式)は、無線LANにおけるアクセス制御方式の一つで、無線LAN用の規格であるIEEE 802.11aやIEEE 802.11b、IEEE 802.11gなどにおいて基本的な通信手順として使われています。CSMA/CDが「衝突の発生を許容し、衝突発生後に再び衝突が発生しないように制御する」のに対し、CSMA/CAは「できるだけ衝突を回避できる」ような仕組みになっていることが特徴です。
  • 正しい。CSMA/CAは、IEEE 802.11シリーズで採用されています。
  • CSMA/CDは、有線LANで使用されるアクセス制御方式です。
  • Link Access Procedure, Balancedの略。公衆回線網を通じてパケット通信を行うためのプロトコルであるITU-T X.25のパケット交換網で使用される伝送手順を制御するためのプロトコルです。
  • トークンパッシング方式は、リング型有線LANで使用されるアクセス制御方式です。
© 2014-2019 情報処理安全確保支援士ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop